老後2000万問題について

お世話になります。

ファイナンシャルプランナーオフィスGood Withのカベちゃんです。

老後2000万問題、めちゃくちゃ騒がれてますね〜😅

テレビでも報道されまくってますし、ネットでも話題沸騰中です。デモも起こってます。

試しに【 老後2000万 】でググってみて下さい笑

FPとして僕の考えも書いていきたいと思います。

公的年金だけでは足りないのは本当

まず、老後2000万足りないという根拠ですが、金融庁が6/3に出している報告書が元になっております。

金融審議会 市場ワーキング・グループ報告書 「高齢社会における資産形成・管理」

この報告書の中のモデルが、65才ご主人、60才奥さんで無職の家庭の月々の収入の平均が約20.9万、そして平均的な月々支出が26.3万なので、差し引き約5.4万円の赤字となります。これが老後30年続くとして、「約2000万足りないよね?」と言ってるわけです。

そして、2000万ほど不足するというのは、まず間違いないと思います(あくまで社会通念上、一般的な生活をしようと思うと、という前提です)

そして、今の若い人たちは、こんなものではないだろうとも思います。

例えば、先ほどの収入と支出ですが、「住居費」は月々1.3万になってます(モデルを持ち家にしているのかわかりませんが)

持ち家としても、何十年も住んでいれば、修繕費が何百万とかかります。

賃貸であれば月々1.3万で済むわけがありません。

そして、今よりも少子高齢化が進んできる状態で、年金額が今の水準であるというのも楽観的すぎます。
(今年5年に1度の年金財政検証が行われているはずですが、今の世論では出せないですよね笑もうデータ偽装もバレたし笑)

ではどうすれば良いのか?

これを国がどうにかしてくれれば一番良いのですが、本当に残念ながらそれが出来ないのが今の日本の財政です。
なので、金融庁はニーサやiDecoを作ったから、自分たちでやっといてねと報告書で言ってるわけです。
(まずここで知ってる人と知らない人の格差がつきます)

押し付けされた感じがしますかね?(ここにみんな怒ってるのかな?誰かが素直に謝って前に進めばいいのに)

大事なのは自分の現状を分析し、理想の生活をしっかり決めること。全てはそこから始まると思います。

ニーサやiDeCoは、資産運用の手段であり、選択肢の一つでしかないです。

そして、金融庁はこんなことも言ってます。

この意見には僕も大賛成で、逆にアドバイザーが増えていかないと、本当に日本はまずいと思います。

僕はFPをやってる信念として、

「自分を信用してくれる人はその人の周りも含め、全力で守る」

ということを常に思っているので、それに向け全力でやっていきたいなと思います。

将来「お金の学校や塾」的なものを作れればいいですね!

あと、この問題に関連して、金融機関から株や保険、投信などの営業が活発になることが予想されます。

他にも悪質な詐欺や投資案件などにも気をつけましょうね。

心配だからと安易に飛びつくのではなく、しっかり比較検討し、安心できる詳しい人に相談して下さいね。

 

かべちゃんのLINE@

LINE@はじめました!
定期的にブログの更新情報をお届けします!

友だち追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です