つみたてNISAとiDeCo(イデコ)の違いを3つのポイントで徹底比較!

ファイナンシャルプランナーオフィスGood Withのカベちゃんです。

こんにちは!カベちゃんです。

今回は「つみたてNISA」と「iDeCo(イデコ)」の違いを徹底解説していきます。

これまで「iDeCo」や「積立NISA」の説明をしてきましたが、定期的に貯金をするということは同じなのですが、違いが少し分かりにくい部分があるので、まずは図で説明します。

図1:つみたてNISAとiDeCo(イデコ)の違い早見表

3つの違いとは?

それでは、つみたてNISAとiDeCo(イデコ)の主な違いを3つのポイントでご説明します。

違い① 投資上限額の違い

  • 積立NISA:40万円/年
  • iDeCo:14.4万円〜81.6万円(職業、勤務先による)

積立NISAは職業や勤務先に関わらず年間40万円です。

iDeCoは図のように職業によって変わります。

違い② 掛け金が所得控除になるかどうか

  • 積立NISA:ならない
  • iDeCo:全額掛け金が所得控除となる

この点が積立NISAよりも、iDeCoが優れている点です。

ただし、専業主婦の方や収入が少ない人は恩恵を受けれないので、iDeCoに向いていない人といえます。

違い③ 途中引き出しができるかどうか

  • 積立NISA:いつでもできる
  • iDeCo:原則60歳までできない

こちらも大きな違いとなります。

万が一何かあった場合に引き出したい時に積立NISAであれば引き出し可能ですが、iDeCoは不可です。

まとめ

つみたてNISAとiDeCo(イデコ)の違いを簡単にまとめると次のようになります。

  • 節税効果が高いのはiDeCoだが60歳まで引き出せないのが難点
  • 積立NISAはまず、投資に慣れるという意味で活用メリットあり

いかがでしたでしょうか?

僕がいつもお客さんに言っているのが投資や貯金をするにしても「目的をもつ」ことです。

  • 好きな車を買おう
  • 買いたい家の為に頑張ろう
  • 老後のため
  • 旅行へ行こう

など、理想の計画に沿って貯金をした方がワクワクしますし、貯金も楽しくなりますね。



かべちゃんのLINE@

LINE@はじめました!
定期的にブログの更新情報をお届けします!

友だち追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です