iDeCoシリーズ①::個人型確定拠出年金iDeCoの概要と最大の節税ポイント

ファイナンシャルプランナーオフィスGood Withのカベちゃんです。

今日のFP通信は個人型確定拠出年金iDeCoについてです!「イデコ」と読みます。

内容が伝えることが多いので、シリーズ化していきますね。

iDeCo(イデコ)ってなに?

まず、iDeCo(イデコ)についてご紹介していきますね。

あなたは次のような漠然とした不安がありませんか?

  • 将来公的年金だけでやっていけるの?
  • 退職金がない企業に勤めてるんだけど?
  • 転職ばかりで退職金は期待できない!

実際に、お客さまからこんな不安の声をよく聞きます。

この問題を解決するために「自分で積み立てていきましょう」という制度がiDeCo(イデコ)で、2017年1月から制度の改革が行われ、加入者が急増している制度となります。

公的年金の財源が先細りしてゆく中で、国としても「節税」という名目でこの制度を応援してくれています。

つまり、老後の積み立てを「節税しながら貯めることができる」ことがポイント。

大きく分けて3つの節税メリットがあり、今回は最大のメリットが出るポイントをご紹介していきます。

iDeCo(イデコ)が持つ最大のメリット

iDeCo(イデコ)の最大のメリットは「掛金が全額所得控除になる」ことです。

退職金制度があるサラリーマンの方の場合、月々5,000円〜12,000円まで積み立てることができます。

例えば、所得税率20%(年収500万ぐらい)の人が月々12,000円のイデコをかけており、年間で14.4万円拠出した場合所得税から、

14.4万円×20%=28,800円」が返ってきます。

同時に、住民税からも(住民税は原則みんな10%)「14.4万円×10%=14,400円」が返ってきます。

おさらいすると、

  • 所得税28,800円
  • 住民税14,400円

つまり、合計43,200円の税金が返って来ます!(毎年ですよ!

30年間で129.6万円の節税効果です!

積立額は運用益0%だとしても432万円(考えにくいですが)

これに加え運用益も加わると、まさに鬼に金棒ですね!

単純にメリット額だけなら、民間保険会社の個人年金保険(特に円建て)よりも確実にイデコの方がメリット額は大きいです。

その編も今後比較していく記事を書いていきますね!

残りの2つの節税メリットはシリーズ②で!

かべちゃんのLINE@

LINE@はじめました!
定期的にブログの更新情報をお届けします!

友だち追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です