【 リスクなし 】銀行を変えずに住宅ローンの金利を下げる方法

お世話になります。

ファイナンシャルプランナーオフィスGood Withのカベちゃんです。

今日は住宅ローンの金利について。

超低金利時代と言われて久しい日本ですが、住宅ローンを組んでおられる方にとっては良い時代ですね!

なんといっても金利が低いので、利息を払う金額は少なくなります。

利息はまさに【 無駄な支出 】の一つなので、当然低い方が良いですね。

そして、今日は住宅ローンの金利を下げる為に行う行動の王道が【 借り換え 】です!

ただ、借り換えには各種手数料がかかります。

  • 印紙税
  • 保証料
  • 手数料
  • 登録免許税(抵当権設定)
  • 司法書士報酬
  • 抵当権抹消費用

などなど

その他、様々な書類を取り寄せる必要があります。

はっきりいうと、、、

めんどくさい!!!

これを一発で解決する方法があります。

それは、、、
現在の銀行で金利を下げる交渉をすること

まず、交渉をする為には必要なものがあります。

よく戦に行く時に武器が必要ですよね?
それと一緒です!

その武器とは【 他社での借り換え見積もり表 】です。

金融機関からすると、もっとも嫌なことはお客さんを他社に持っていかれることです。

それであれば、現在の条件を下げてでも引き止めようとします。

僕のお客さんでも、この銀行の条件変更で金利の引き下げに成功して、月々の返済額が1万円以上下がった方もおられます。

そして、現在もっとも住宅ローンの低い金融機関の見積もりを持っていくと良いですね!(オススメは楽天銀行、SBI銀行、楽天銀行など)

【 銀行での交渉のセリフ編 】

結論からいうと、下のセリフをズバッと言うといいと思います。参考までに笑

知人に勧められて借り換えを考えており、他社で見積もりをとってみたらこのような条件になったが、借り換えた方がいいですよね?それとも今より金利は下がりますか?

以上です!



かべちゃんのLINE@

LINE@はじめました!
定期的にブログの更新情報をお届けします!

友だち追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です