副業用の口座とプライベート口座は分けた方が良いか?

ファイナンシャルプランナーオフィスGood With

お世話になります。
ファイナンシャルプランナーオフィスGood Withを運営しているFPカベちゃんです。

今日のテーマは

副業で事業用の口座と分けた方が良いのかどうか?

について書いていきます。

副業の規模にもよりますが、結論からいうと

副業用の口座とプライベートの口座は分けるべきです。

理由は一点のみ

管理が楽だからです。

ではどういう楽があるのかというと、確定申告の際の帳簿付けが楽です。

副業で利益が20万円以上の場合、確定申告をする必要があります。

その際に、帳簿を付けないといけないのですが、その際、プライベート用の口座と仕事用の口座を分けておかないと非常に面倒になります(クラウド会計やFreeeなどのソフトを使うにしても仕分けは必要です)

もし混同していた場合、副業で使ったのか、プライベートで使ったのかがわからなくなり、いちいち履歴や手帳をたどるということになりがちです。

あと、注意点がクレジットカード。
これも一緒で分けた方がいいです!

というよりクレジットカードほど分けるべきかと思います。

クレカは引き落とし日が遅れるので、現金での口座管理よりも複雑なので、後々ものすごくごちゃごちゃします。

ちゃんと副業するのであれば、仕事用の口座とクレカを準備しておきましょう。

ちなみに、プライベート用と同じ銀行で仕事用の口座を作りたいという質問を受けますが、可能です!

銀行は「プライベートの他に仕事用で使います」と言えば、作ってくれます。

副業をしている証拠(開業届など)を持参した方が良いでしょう!

かべちゃんのLINE@

LINE@はじめました!
定期的にブログの更新情報をお届けします!

友だち追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です