新婚生活に準備する金額は?実体験踏まえ解説

ファイナンシャルプランナーオフィスGood With日下部達也 FPかべちゃん

ファイナンシャルプランナーオフィスGood Withのカベちゃんです。

新生活を始めるにあたってお金は結構かかりますよね。

とりわけ新婚生活となれば尚更です。

今日は新婚生活の準備資金について書いていこうと思います。
(結婚式代は考慮せず)

入居費用について

新婚さんの場合、基本的に最初は賃貸物件の場合が多いと思うので、賃貸の場合で書きます。

どんなものがかかるかというと、ざっとこんな感じです。

敷金、礼金、仲介手数料、日割り家賃・前家賃、鍵の交換台、クリーニング代、火災保険料など

相場は20万〜60万ぐらいかなという感じです。

正直、エリアや立地、築年数によるので、マチマチです。

ただ、これらを下げる方法はあるので、こちらの記事で紹介しています。

カモられてる?賃貸契約時の費用を大幅に浮かせる方法!

 

ちなみに僕は記事の内容を駆使して7万円下がって、合計46万円でした。

家具家電の費用

これも結構しますよね。

リクルートパーケティングパートナーズが出している「新婚生活実態調査2018」を見てみると、平均で33.4万円とのことです。

自分もぜーんぶまとめると35万円ちょっとでした!

ほぼ平均!笑

洗濯機は後輩君の口利きで念願のドラム式洗濯機を用意してくれたので、これは大きい笑

最後に一言

結局、大事なことは幸福度を最大化することなので、どんな金額であれ、見合うと判断すればOKです!

かべちゃんのLINE@

LINE@はじめました!
定期的にブログの更新情報をお届けします!

友だち追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です