税金が戻ってくる?医療費控除について

ファイナンシャルプランナーオフィスGood Withのカベちゃんです。

年間の医療費がある程度かかってしまったら、確定申告をして税金が取り戻せる場合があります。

今日はその説明です。

いくらから医療費控除を申請できるの?

年間(1/1〜12/31まで)の医療費が10万円以上からの分が所得控除されます。

(例)年間15万円の医療費がかかった家庭であれば、所得控除できる額は、5万円となります。

15万円-10万円=5万円

所得控除が5万円されるということは、所得税10%の人なら、
所得税から0.5万円、住民税から0.5万円が還付されます!

合計1万円が還付されます。

※ただし、年収が310万円以下の人は10万よりも低い金額になります!

自分1人ではなく、家族の医療費も対象!

生計を一(日常生活のお金を共にすること)にしている家族であれば、その家族の医療費も還付されます!

3人家族であれば、3人分を合算できるということですね。

医療費控除に含めて良い費用とは⁇全部認められるの?

予防接種など、治療でないものは含められません。

不妊治療代などはもちろん認められます。

また、病院までの電車やバスの交通費も認められます(タクシーは不可)

領収書もらってないんだけど?

再発行を依頼すれば基本的に、応じてくれます。

金額が細かく、何枚も取り寄せないといけない場合は少し手間かもしれませんね💦

なお、交通費などの場合、領収書なんて普通は取らないので、出金伝票に書いておきます。

以上です!

特に正常分娩で出産された方の場合は、
自己負担額が8万円ほど発生しているケースが多いので、そこに家族の医療費を加えると10万円を超えてくるので、
医療費控除できるケースがほとんどです!

かべちゃんのLINE@

LINE@はじめました!
定期的にブログの更新情報をお届けします!

友だち追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です