変わりたいのに変われない!人間の真理「現状維持バイアス」を克服する方法

ファイナンシャルプランナーオフィスGood With

お世話になります。

ファイナンシャルプランナー オフィスGood Withを運営しているかべちゃんです。

突然ですが、【現状維持バイアス】という言葉をご存知でしょうか?

リチャード・ゼックハウザー氏とウィリアム・サミュエルソン氏が提唱した言葉で、バイアスという言葉は日本語でいう「傾向」のことを指します。

一言で言えば、「変化を受け入れず固執する人間の心理傾向」のこと。

みなさんも経験があるのではないでしょうか?

・転職した方が良いとわかっていても一歩踏み出せない

・格安スマホに変えた方が支出削減できるけど、なぜか踏み出せない

・資産運用した方が良いとわかっているけど、なぜか踏み出せない

・選挙で特に応援する政党や立候補がいないので、とりあえず現職知事に投票しておこう  などなど

これらを一言で「めんどくさいから」で終わらせるのは簡単ですが、実は現状維持バイアスがかかっているんですね。

この現状維持バイアスが非常に厄介なところは【 たとえ有益だと頭で理解していたとしても行動できない 】というところです。

読んでいる人が頷いてくれているとありがたいです(>人<;)

個人差があると思いますが、往々にして人間の真理的に「特に危険がなければ現状のままが良い」というのはすごくわかりますね。

現状維持バイアスを解く方法

現状に満足している人は別ですが、現状を打破したい、変化していきたいと思う人はこの5つを実行することをおすすめします。

実際よく本などにも登場しますね。

①他人以外の人に宣言する

→人間1人の意思は弱いもの。これを他人に宣言することで、「実行しないと恥ずかしい、かっこ悪い」という状況になり、やらざる終えない状況を作り出す。より成功確率を上げるには、宣言しにくい人に宣言することでより効果的になる。

②小さい目標から始める。

→最初から大きく、行動を起こすことは難しい。なので、小さなことから始める。

③得られる対価を書き出す

→この変化によって自分にどういった効果が得られるかを見える化する。反対に、行動しないことで何を得ることができないか?でも可。

④達成したことを喜ぶ、ご褒美を自分に与える

→長期であればあるほど、難しいので、自分にご褒美を与えることで喜びを感じ、より継続できる状況にする。

⑤現状維持バイアスがかかっていない人と仲良くなる

→自分の周りに桁外れに行動力のある人って1人はいますよね?人は影響を受けるので、その人の近くにいると自然と自分も影響を受けるようになる。

の5つです。

これからは全て「強制的に」現状維持バイアスを外す方法になります。バイアスを外す環境に身を置くということ。

これを書いている自分も

結構これ、自分もできてへんなぁ💦

と思うことが多々ありますので精進せねばと思っとります笑

敵は生まれた時に備わっている人間本来の心理なので、手強いですが、「変わりたい」と思う人にとって参考になれば♫

 

かべちゃんのLINE@

LINE@はじめました!
定期的にブログの更新情報をお届けします!

友だち追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です