引越しや結婚での住所変更をサッと終わらす方法

ファイナンシャルプランナー

お世話になります。

ファイナンシャルプランナーオフィスGood Withのかべちゃんです。

引越ししてから約3ヶ月ですが、なんやかんやとめんどくさいですよね💦

中でも一番面倒だったのが、住所変更。。。(T ^ T)

じゅうしょへんこう

じ・ゅ・う・し・ょ・へ・ん・こ・う

なんで、あんなに面倒なんですかね笑

一括で変更してくれるサービスとかあったら、1万円でも頼みたい笑

僕の場合、個人と事業の両方あるので、とくに(T ^ T)

再度引越しした時に、もっと効率的にやれるようにここに書いておきます。

転居届けはマスト

日本郵便で旧住所に届いたものを無料で新住所に転送してくれるサービスです(1年間のみ)

※注意点
僕のように事業をしている人で屋号がある人は屋号も登録しないとそのまま旧住所に届いてしまうとのこと。

郵便局の窓口でもできますが、ネットからの方が簡単です。

日本郵便 e転居

クロネコヤマトは転居届のサービスがありましたので、申し込みしておきました。

ちなみに佐川急便は転居届というサービスはないらしいです。

住所変更、名義変更のテンプレを作る

最後に名義変更用のテンプレ作ったので、使いたい人は使ってください。
他にも付け足した方が良ければ、連絡下さい。

・市役所へ行って住所変更届出を出す(新しい住民票も同時に取得しておいた方が良い)

・警察署で免許証の住所を変更する

・銀行


・証券


・電気
・ガス
・水道
・携帯やポケットWi-Fiなど

・クレジットカード


・通販サイト
→楽天
→メルカリなど
これ変更していないと、旧住所に届くので、ぴえんです(体験談)

・個人情報入れてるアプリ(仮想通貨系とか)

(自営業の人)

・ねんきんネット

かべちゃんのLINE@

LINE@はじめました!
定期的にブログの更新情報をお届けします!

友だち追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です