【合法錬金術!】賢い10万円の使い道!ふるさと納税!

ファイナンシャルプランナーオフィスGood Withのカベちゃんです。

コロナ経済対策の目玉として、現金での10万円一括支給が始まりますね!

「貯金には余裕があるけど、特に使い道がないから貯金しよう」

と思っている人には、ふるさと納税を最もおすすめします!

ただの10万円が実質15万円以上になるような錬金術です笑

ふるさと納税とは

まず、ふるさと納税ってなんなの?という方には説明しておかないといけないですね。

ふるさと納税とは、

「住民税を先払いすることによって、実質2000円で数万円の特産品がもらえる制度」のことです!

住民税の仕組みやふるさと納税の基礎的なところはこちらの記事にまとめているので以下の記事を参考に!

今回はもうちょっと踏み込んでいきます。

ふるさと納税の制度を簡単解説!全体像をわかりやすく説明します

もらった10万円をそれぞれふるさと納税したら?

例えば、年収500万の会社員の独身男性の場合、ふるさと納税の限度額は61,000円です。

 

楽天ふるさと納税サイトより引用

つまり、61,000円までの寄付であれば、2000円が引かれた額が来年の住民税から控除されます。

もっとわかりやすくいうと、

61,000円を寄付すると、来年の支払う住民税が59,000円(61,000円 – 2,000円)減る

かつ、特産品がもらえる

ということです。
これめちゃくちゃお得ですよね!

こんなものがもらえます!

 

 

これらを実質2,000円は考えられないレベルですよね!

ただ、ふるさと納税の一つのネックとして、

【 一旦は〇〇万円を拠出しないといけない 】

という条件があったので、やらない人が多かったのですが、コロナ対策の10万円を使うことによってこの問題はクリアになります!

寄付と考えることもできる

ふるさと納税はただ、返礼品をもらうためだけではなく、その地域に寄付をするということでもあります。

財源が乏しく、有効なコロナ対策ができなかったり、十分な医療体制を敷けなかったりする地区町村にお金を届けることができます。

都市部からの発注が激減して大変な思いをされている農家の方や食品関係者の一助になることができます。

もちろん、今回のコロナの影響で先行きがとても不安で、収入も激減したという人は生活費のために使うべきでしょう。

ただ、少し余裕がある方は、10万円を使ってふるさと納税をすることが、

みんながwin-winの関係になる最良の打つ手の一つ

ではないかと思います!

【 おすすめのふるさと納税サイトは? 】

僕はダントツで楽天ふるさと納税サイトですね!
楽天ばっかりおすすめしてますが、楽天の回し者ではありませんよ!

何がすごいかというと、楽天ポイントがつくんですね!

楽天クレジットカード払いにおける1%に加えて、5と0のつく日のイベント(ポイント5倍)などと組み合わせると、

ポイントだけでも2,000円を帳消しできるぐらいのインパクトがあります!

まとめ

いかがでしたでしょうか?
まとめると、

・現金10万円は余裕があるならふるさと納税に使って来年の住民税を下げよう。
・間接的に農家や食品関係者や困っている人たちの支援になる。
・数万円の特産品が2,000円で手に入る。
・ふるさと納税は楽天で!

ということになります!

是非、活用を!

ふるさと納税オンライン勉強会とかこのタイミングでしようかな。

希望者の方は連絡下さい!

かべちゃんのLINE@

LINE@はじめました!
定期的にブログの更新情報をお届けします!

友だち追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です